UNIXのコマンドと括弧の中の番号

UNIXというかLinuxのコマンドの説明を見ると、
よくコマンド名の直後に(1)とか(3)とか書いてあります。
printf(1)とかprintf(3)とかですね。
この数字、最初の頃はバージョンなのかなーと思っていましたけど、
実際は違っていて各数字には以下のような意味があります。

1 一般的なコマンド
2 Linuxカーネルシステムコール
3 標準Cライブラリ関数
4 スペシャルデバイス
5 ファイルのフォーマット
6 ゲーム
7 仕様その他
8 管理者向けコマンド
9 カーネル関連
l 数値計算ライブラリ
n Tcl

またこれら数字はリファレンスの置き場としての
ディレクトリ名(“/usr/share/man/man1″等)の数字に一致しています。

この説明、多分合っているとは思いますが、
もし間違ってたらコメント頂けると幸いです。

広告