スマホ電話SIM

日本通信が最近急にがんばりだしました。
Turbo ChargeやVISITOR SIM、イオンSIMのLTE化など
なんだかアグレッシブです。
そして今回「スマホ電話SIM」が登場しました。
最安プランならば1290円+1690円でスマートフォン1台持ちが運用できます。
ただし、データ通信の速度は200kbpsです。
他の通信事業者からのMNPができ、
かつiPhone4Sの香港版を持っていたなら、
私は即契約していたことでしょう。
が、現状は…
私にとっては非常に惜しい商品ですね。

私は現在音声通話+SMS用の携帯電話と
データ通信用のスマートフォンで2台持ちしています。
データ通信速度が128kbpsというのが玉に瑕ですが、
どちらも月額1000円程の費用でまかなっております。
ということで、「スマホ電話SIM」をもってしても私の価格要求には届きません。
もちろん一台持ちのメリットは十分理解できますが、
携帯電話は待ち受けだけなら2週間充電する必要がないのに、
スマートフォンは基本毎日充電しなければなならい現状を鑑みると、
軽薄短小な2台持ち+必要なときだけタブレットというのが私の理想ですね。