Windows8は2012年10月末発売

Windows8のリリーススケジュールがMicrosoftより発表されました。
RTM(Release To Manufacturing)が8月第1週、GA(General Availability)が10月末だそうです。
OEMやDVDプレス屋さんはRTMを受け取って出荷準備にかかるはずなので、
GAというのは版のことではなく単なる発売日であると理解していますが、
間違ってませんよね。

さて、多少のフライングがあるかもしれませんが、
基本的にWindows8プリインストールPCは10月末には入手可能になることがわかりました。
ということは、Microsoftの自社ブランドタブレットSurfaceの発売時期は、
Windows RT版が10月末、Windows8 Pro版が3ヶ月後の1月末ということになりそうです。
私としてはRT版は眼中にないのですが、8Pro版にはわりと興味があります。
ただ、価格や細かいスペック、さらには使い勝手などわからないことが多すぎて、
今のところはまだ購入を決定できません。

2008年8月にeeePC901Xを購入して、いろいろ投資してパワーアップしてきたものの、
8.9インチ1024×600の画面の狭さは我慢できても、
キーボードの小ささが辛いですし、なによりSSDのプチフリが激しく、
最近MacBook Proを買おうかと真剣に悩んだりしてはいますが、
予算的にMacbook proとSurface両方は辛いので、
もう少しSurfaceについて明らかになればどうするか決心もつくんですけどねぇ。