さようならau IS01 こんにちはSoftbank iPhone4S

ちょうど2年前のことです。
いろんな意味ですっかりへたったPDAのZaurus SL-C1000の代わりとして
Netwalkerとどちらにするか悩んだ末に購入したau IS01が満期を迎えました。
ということで、以前からの予定通りドコモがソフトバンクへMNPすることに。
実はこのネタ、結構前からちょこちょこ書いていて、
どちらにMNPするべきか悩んでいましたが、
とうとうその日になるとあっさり決断できました。

というのも、近くの家電量販店でソフトバンク版iPhone4S(16G)が
台数限定ではありますが端末価格9800円で売ってあったからです。
しかも、最初の1年間は「かえトクキャンペーン」でホワイトプランの月額が無料、
その後の1年間はMNPによる「のりかえ割」でホワイトプランの月額が無料となります。
私はすでに持っているモバイルルータと組み合わせることで、
WiFiのみでSIMカードを抜いて3G通信を使わないようにして運用するつもりなので、
月の使用料金はS!ベーシックパック315円と
パケットし放題for スマートフォンの下限1029円の合計になりますが、
月月割で-1440円になるので相殺されて維持費は0円
(ユニバーサルサービス料の数円は必要)となります。
つまり、初期費用だけ払って2年後に忘れずに解約すれば、
維持費はほぼタダということになります。非常においしい。
初期費用としては、端末代の9800円に、
au側に発生するMNP転出手数料2100円、ソフトバンクに払う加入手数料3150円、
無理やりつけられた一ヶ月分のWホワイト980円とあんしん保証パック498円、
それに抱き合わせの「みまもりケータイ2」の加入手数料3150円(2年間は基本料無料)
を合計して、19678円となります。
以前からほしいと思いつつ買っていなかった
iPod touch(8GB)の代わりを手に入れたと思えばまあ許せる値段です。
正直「みまもりケータイ2」は余計だったのですが、
コストアップは3150円のみですし、
iPhoneとあわせて2年後にMNPする弾が2つに増えた
ぐらいに考えておけば心安らかになります。

いまさらiPhone4Sについて書くようなこともないのですが、
SIMカードの取り出し方法についてだけ書いておきます。
パッケージ内の説明書の包みにクリップのような妙な金具が付いているので、
それのとがっている方をiPhone4Sの右側面中央の小さな穴に突っ込んで
結構強く押すとSIMカードのトレイが引き出せるようになります。
iPhoneの電源を切ってやったほうがいいでしょう。
なおiPhoneの電源を入れると「SIMカードが挿入されていません」と怒られますが、
なに、かまうことはありません。
普通に使えています。

広告