申請された新gTLD

gTLDは”generic Top Level Domain”の略で、
ホームページやメールのアドレスの最後にくっつく”com”とか”net”のことです。
ちなみに、国名の”jp”などはccTLD(country code Top Level Domain)といって区別されています。
で、このTLDを束ねるICANNではgTLDをもっと一般に開放しよう決断し、
このたび申請された1930件のドメインを公開しました。
ただし、ここでリストアップされているものすべてがgTLDになれるわけではありませんし、
gTLDになったあかつきにはかなり高額な手数料が発生します。
エンドユーザにとっては
“www.google.com”が”www.google”でアクセスできるようになれば、
便利と言えば便利なのかもしれませんが、
“www.toyota.com”がwww.toyota”になってもねぇ…
まあICANNは運営費がほしかったからgTLDを増やすことにし、
各社は自社ブランドを守るために申請せざるをえなかったと考えれば、
納得できないこともありません。

さて、日本からも結構な数が申請されており、
地名で言えば

  • KYOTO
  • NAGOYA
  • OKINAWA
  • OSAKA
  • TOKYO
  • YOKOHAMA
  • RYUKYU

社名、ブランド名で言えば

  • ABLE
  • BRIDGESTONE
  • BROTHER
  • CANON
  • CHINTAI
  • DATSUN
  • DNP
  • DOCOMO
  • EPSON
  • FIRESTONE
  • FUJITSU
  • GGEE
  • GMO
  • GOLDPOINT
  • GOO
  • GREE
  • HISAMITSU
  • HITACHI
  • HONDA
  • INFINITI
  • JCB
  • JPRS
  • KDDI
  • KOMATSU
  • KONAMI
  • LEXUS
  • LIXIL
  • LOTTE
  • MITSUBISHI
  • MTPC
  • NEC
  • NHK
  • NICO
  • NIKON
  • NISSAN
  • NISSAY
  • NTT
  • OLYMPUS
  • OTSUKA
  • PANASONIC
  • PIONEER
  • PLAYSTATION
  • RICOH
  • SAKURA
  • SHARP
  • SOFTBANK
  • SONY
  • SUZUKI
  • TDK
  • TORAY
  • TOSHIBA
  • TOYOTA
  • YODOBASHI

あたりでしょうか。
他にも社名でもブランド名でもないドメインが
日本の企業からいくつか申請されています。
この中では日産自動車が”NISSAN”、”DATSUN”、”INFINITI”の3つを申請しているのが最多のようです。
ブランドをたくさん持っていると大変ですね。