Amazon SIMカード

少し前からうわさになっていたAmazonのSIMカードが正式に発表されました。
うわさどおり提供元は日本通信で、
LTEにも対応しているということで、
同社のカメレオンSIMの派生バージョンですね。

SIMカードは標準サイズマイクロSIMの2種類で展開されます。
両方とも初期費用3150円、1980円で最長1ヶ月間、500MBまでの高速データ通信のサービスとなります。
もちろん契約期間の縛りもなく、出先でそんなにデータ通信しない私のような人間にはいい選択肢かもしれません。
特に記述はありませんが、ドコモから販売されているスマートフォンか、
SIMロックフリーのスマートフォンに挿せば、サービスが受けられるものと思います。
ただし、ドコモから販売されているスマートフォンに挿したときの
テザリングはカメレオンSIM同様現状では無理でしょう。

で、これ、私にとってはどうかというと…
普段の通信量は1~2MB/日で、激しく使うときで30MB/日程度です。
激しく使うのは多くても2日/月ぐらいなので、
標準的には100MB/月程しか使っていません。
ということで、もっと安くてデータ量が少ないプランがあったらいいかもしれません。
というわけで、”IIJmio高速モバイル/Dサービス”に残留決定です。
最大通信速度が128kbpsに制限されますが、
アナログモデムやPHSの32kbpsからインターネットを使ってきた身としては
遅過ぎて話にならないということもないですし、
瞬間的に高速通信がしたければ525円払ってトランザムして、
100MB分だけ高速通信できるのでこれで満足です。
まあまだトランザムしたことありませんけど。