GoogleマップにKMLファイルを登録

Androidアプリケーション”My Tracks”は、
移動した行程を記録し、Googleマップに重ねることができる便利なアプリケーションです。
そしてKMLファイルとしてSDカードに書き出すこともできます。
このKMLファイルは汎用的なファイル形式なのでいろいろ使い道はありますが、
PC上からGoogleマップに登録することができます。
その手順を紹介しましょう。

ChromeウェブブラウザからGoogleアカウントにログインした状態でGoogleマップを開き、
[マイプレイス]ボタンをクリックし、
[地図を作成]をクリックしてその地図のタイトルや説明を書き込みます。
なお、[プライバシー設定と共有設定]は[限定公開 (URL で共有)]を選んでおきましょう。
[インポート]リンクをクリックして現れるダイアログボックスで
[ファイルを選択]ボタンをクリックし、KMLファイルを選びます。
ついで[ファイルをアップロード]ボタンをクリックすれば登録できます。
1つの地図に複数のKMLファイルを登録することが可能で、
[インポート]リンクをクリックして必要なファイルを登録していきます。
最後に[完了]ボタンをクリックして終了です。
その地図を開くとGoogleマップ上に行程が表示されます。

昔はBluetooth接続のGPSレシーバーをノートPCにつないで車を走らせ
いろいろ加工してKMLを作ったりしていましたが、
ずいぶん簡単になりました。
便利な世の中になったものです。