すれちがい伝説にはまる

Nintendo3DSを発売日に購入してから1年強経ちますが、
このところ「すれちがい伝説」にはまっています。今更とか言われそうですが。
発売当初は地方在住ということもあってすれ違うことなど皆無だったので、
使わないときは電源を切っていたものの、
最近は結構すれ違えることに気付いたため基本スリープにしています。
先日某有名観光地に言ったときに半日で10人すれ違っていたのですが、
仕様上10人目以降は無視されるということをはじめて知り、
定期的に見ておくんだったとちょっと後悔しています。
考えてみると、3DSの国内普及台数を600万台、
日本の人口を1億2千万人とすれば、普及率は5%なわけで、
観光地等で5台に1台がスリープにしていたとすれば100人に1人、
自分を勘定に入れると200人ぐらい人が集まっていれば
すれ違える可能性はあるわけです。

わりとすれ違えるようになると、
せっかくなので「ピースあつめの旅」や「すれちがい伝説」も遊ぶようになりました。
で、「すれちがい伝説」に別の意味ではまりました。
「闇の部屋」をクリアすべく「さすらいの勇者」を雇いまくって白服が出るまで
約200コイン(勇者100人分)も使ってしまいました。まさにガチャです。
任天堂がこんな仕様のゲームを作るなんて…
まあ実際のお金ではないんですけど。