2012年5月21日の金環日食まであと1週間

世紀の天体ショー「金環日食」まであと1週間に迫りました。
いつどこで見られるかは国立天文台のサイトをご覧ください。
全国的に食の最大は午前7時30分ごろで、方角で言えば東北東ぐらい、
仰角では30~40°ぐらいになるので、東の空が見渡せれば観測はだいたい可能でしょう。
しかもそんなに首痛くなりません。
まあでもめったにあるイベントではなく、どうせならなるべくきれいな金環が見たいので、
私は以前からの予定通り紀伊半島東海岸に行く予定です。
ただし観測できるかどうかの最大不確定要因は天気なので、
見れそうなところに行く、というぐらいのゆるい計画しか立てていません。
ちなみに現時点での21日の天気予報は全国的によさそうです。

そんなこんなで計画はずさんですが、機材にはわりとお金がかかっています。
2009年の部分日食(場所によっては皆既日食)のときにだいぶ買い込みましたが、
その後、あるいは今回のために追加をしています。
日食観察グラスはすでに持っていますが、
一応1つ追加しました。
この手のめがねは近所の100円ショップでも売っていましたが、
多分品質が違うので高価格なものを使うのがいいでしょう。
また、
富士フィルム ND 3.0(75×75mm)も2枚追加し4枚体制となりました。
ついでに三脚ももうひとつ買ってしまいました。
基本的に手持ちでの撮影は厳しいので。

さて撮影ですが、所有しているLUMIX Gシリーズを総動員です。
まずはGH1+H-VS014140+ND 3.0フィルター×2(レンズにフードを逆さにつけてテープで貼り付け)+三脚で動画を撮影します。
それから、最悪壊れてもあきらめのつくG1+ミラーレンズ(500mm)+100円ショップで買った下敷き状フィルタ+リモートレリーズ+三脚で静止画を録ります。
静止画用にはもうひとつGF1+H-FS045200+ND 3.0フィルター×2+ラバースナップフィルターホルダー+一脚を用意します。

さてこれだけそろえばさぞいい写真が録れるだろうと言われそうですが、
問題は腕が伴っていないことだったりします。
へぼい作品になってもここに載せるつもり(当日アップは無理かも)ですので、また見にきてください。