Windows 8 (仮称じゃなくて)

Windows 7 の次のバージョンとして開発されてきた Windows 8 (仮称)について、
発表当初からマイクロソフトは「Windows 8 はプロジェクト名」的なことをときどき言っていましたが、
最近はまったくそんな気配がなかったので、もしやとは思っていましたが、
やっぱり”Windows 8″はなし崩し的に正式名称になってしまいました。
そもそもWindowsの開発コードは、
昔からMenphisとかCairoとかLonghornとかの地名と相場は決まっていたのに、
“Windows 8″自体がコード名というのがよくわかりませんでした。

それはともかく、ようやく命名された”Windows 8″の詳細が少しだけもれ聞こえてきました。
エディション数がマイクロソフトにしては絞り込んでいて、コンシューマ向けについては

  • Windows 8
  • Windows 8 Pro
  • Windows RT

の3種類っぽいですが、RTはARM版タブレット向けでプリインストールのみということで、
古いWindowsからのアップグレードに使えるのは無印とProの2択となります。
まあ、私的にはARM版Windowsはいらない、
というかWindows 8のタブレット買う場合でも今ならx64版を選択する可能性が高いので、
WindowsPCを新調するときにも無印とProの2択となります。
まあ、次にPCを買うときはMacにすると心に決めている(?)のですが。

で、無印とProの違いで私が興味があるものを順にあげると

  • VHD仮想ストレージファイルからの起動
  • Hyper-V 3.0 仮想マシン
  • ストレージ(デバイス/パーティション)単位での暗号化
  • リモートデスクトップ(サーバー機能)

ぐらいになるでしょうか。
リモートデスクトップについてはVNCとか代わりのものはいくらでもあるので
どうでもいいといえばいいのですが、
OS標準のものがあると救われることもありますし。
ストレージの暗号化は諸刃の剣的なところがあるので、
暗号化することで最終的に自分が困ることもありえますが、
運用について十分考慮すればモバイルPCに対して有効です。
Hyper-V 3.0については、仮想マシン大好きの私としてはうれしいのですが、
USBのパススルーがないと思われるので、
Windows 7 のXPモードのような使い方はできません。
ただ、パフォーマンスに目をつぶればVMware等で代替できるのでそんなに気にしていません。
最後にVHDブート。Windows 7に搭載時から使いたい機能だったので、これはほしいですね。

というわけで、まだ見ぬ価格次第ではありますが、
第一選択肢はProとしたいと思っているところです。
目安としてProが単体売りで15000円を超えてくるようなら無印ですねぇ。
ちなみに今のところMac miniMacBook Airでデュアルブートするのを前提としています。