F1 2012 開幕

いよいよF1の2012年シーズンが開幕しました。
そして、地上波のテレビ放映がなくなりBS/CSのみとなりました。
マイナースポーツの道まっしぐらです。

まあそれはおいておいて、
第一戦のオーストラリアではマクラーレンが強さをみせつけました。
トップチームのうち段差ノーズを採用しなかったマクラーレンが速かったのは皮肉ですね。
美しいマシンは速いというのはある意味真かもしれません。

冬のテストの状況によれば、
昨年までと同様レッドブルが筆頭で、それにマクラーレンが続いていたようですが、
次戦以降の戦績によっては今年のベッテルは苦しくなるかもしれません。
まあチャンピオンたるもの速いマシンを与えられて勝つのは当たり前のことで、
それなりのマシンで勝ちに持っていけたり、
さらに次に向けてチームを強くしていくことこそが真のチャンピオンの条件だと
個人的には思っています。
近年のアロンソやフェラーリに移ってからのシューマッハなんかがそうですね。
ベッテルの真価が試されるシーズンになるかもしれません。

シューマッハの話が出たので話題を移しますが、
今年のシューマッハはえらくお茶目ですね。
マシンの調子がよく、ギアボックスが壊れるまでは4位を走行していましたし、
今シーズン中に優勝するというのもありえそうで、ご機嫌なのでしょう。
マシンの信頼性が低くてご機嫌斜めにならないことを期待します。

さて、最後になりますが今年のフェラーリはひどそうですね。
テスト時からそういう話は聞こえていましたが。
昨年はタイヤにやさしいという特性を利用してレースによってはいい成績も残せたものの、
今年のフェラーリはタイヤに厳しいということで、
どのレースでも話にならない可能性も十分にあります。
やっぱりフェラーリがある程度速くないとF1が盛り上がりません。
シーズン終盤までに表彰台に上れそうな感じがするぐらいには持っていってほしいものです。