Chromeで勝手に保存されているテキストを忘れさせる

とても便利に使っているウェブブラウザChromeでは、
テキストボックスなどに各種情報を入力していると勝手に記憶し、
次にそこに何か入力しようとすると過去の履歴から補完してくれます。
この機能とても便利なのですが、
間違って入力してしまったものまでずっと覚えているのは非常にウザイです。
そんな時、一項目だけ削除する方法があったんですね。
テキストボックスにフォーカスをあわせた時に現れる
候補リストボックスの特定の一項目をハイライトして
[shift]+[delete]キーを押すだけです。

ちなみにとにかく全部消したい場合、
[設定]アイコンから[ツール]-[閲覧履歴を消去]をたどって
[次の期間のアイテムを消去]を”すべて”にし、
[保存されている自動入力フォームのデータを消去する]をチェックして
[閲覧履歴データを消去する]をクリックすればOKです。

広告