次のプラチナバンドの行方

携帯電話の電波について先日900MHz帯がソフトバンクにわたりましたが、
700MHzについての指針案(2012年3月現在)が総務省より出ましたので、
少々掘り下げてみたいと思います。

700MHzについては事実上LTE用で下表のようになります。

上り(MHz) 下り(MHz)
事業者A 718〜727 773〜782
事業者B 728〜737 783〜792
事業者C 738〜747 793〜802

10MHz×2×3社ということで、
事実上NTTドコモ、au、イーモバイルに均等配分となり、
各社下り75Mbpsでサービスインという流れではないでしょうか。
FPUやラジオマイクは770〜806MHzから710〜714MHzへ立ち退きとなります。
ちなみにワイヤレスマイク(特定小電力)の806〜810MHzはそのままです。

ところで世界的に見ると700MHzは下表のようになっています。

バンド 上り(MHz) 下り(MHz)
12 699〜716 729〜746
13 777〜787 746〜756
14 788〜798 758〜768
17 704〜716 734〜746

本当は日本もこれに準じる形にしたほうがいいとは思うんですけどねぇ。
ITSの755〜765MHzが邪魔だと思っている方も多いのではないでしょうか。